数学と英語しかやらないんですか?

良く聞かれる質問なので、予め明記しておきたいと思います。

・高校受験において数学と英語の点数の配分が高いため
・中学生の時に数学と英語でつまずくと、高校進学した際、高い確率で苦手教科になるため(自分の経験含め)
・社会人になって必須である論理的な思考力のベースとグローバルを意識した際、数学と英語は必須であるため
…いった理由で2科目に絞っています。

前提でお伝えしたいのは、他の教科を軽視しているわけでは決してありません。
#むしろ、最も重要な教科は国語だと認識しています。
ただ、学習塾という限られた時間と制約の中で生徒さんを指導していき、解ける喜びや自分でもできるんだ!という感覚を持たせ、自走をさせるきっかけを創るためには、教科の『選択』が必要でした。
特に、上記3点の理由から数学と英語の重要性は認識していましたし、時間をかければある程度のレベルまでは必ず上達すると信じています。

逆に数学と英語だけしかやらない、ということではありません。テスト前になれば、スクランブル体制で全ての教科を生徒さんと一緒に取り組んでいくこともあります。

あとは一つでもいいので、これはやりきった!できる!という自信をつけさせてあげたい、そこが本音ですね。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク