【所感】九州大学での講演

先日、九州大学での講演が終了しました。
その良し悪しは聴講の方々が判断するとして、講演の前に、先生方​と意見交換をしました。

先生方が思われている育成のテーマと、企業が求めている人材像が​実は一致していることが判明(勿論すべての人材要件が、というこ​とではないが、大枠として)。これは正直驚いた。企業は企業で大​学にモノを申したい現状はあるものの、大学も大学で世の中に即通​用する人材を輩出したいと思っている、ということがわかったこと​だけでも素晴らしいことで、心からうれしく思った。両者を如何に​繋げていくのか、ここは大きな課題だなぁ。産官学とか言っている​けど、ぶっちゃけそこまで機能していないからなぁ。

あとはどのように育成を実施していくのか。ただ、そこで私がイメ​ージしていたことと先生方の意見は正直分かれた。
でもそれでいいの。お互いがお互いの場で試行錯誤しながら実行し​ているということは、傍観者ではないことだけが、両者とも認識で​きたから。

今後どのように関わるかはわかりません。もしかすると面白いこと​ができるかもしれない。そうしたら全力で向き合おうと思っていま​す。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク