生徒に伝えたこと_3

テストの結果が良い = 頭が良い
ではない。

テストの結果が良い = 努力した結果
なのだ。

君らのレベルで頭の良し悪しを論じること自体意味をなさない。与えられた環境の中で、与えられた条件の中で如何に努力をしたのか、ただ、それだけなのだ。
努力をすれば点数が上がる。努力をしなければ点数が下がる。点数はその人が取り組んだ努力が数値化されたもの。

社会人になってもそう。世の中に天才と呼ばれる人はほとんどいない。結果を出してrespectされている方々は、見えないところで努力をされている。その努力なくして、結果など出やしないのだ。
#ただ、残念なことに、その努力しても結果が出ないこともあるのが社会。

点数に一喜一憂するのではなく、テスト前にどれだけ取り組んだのか、そこに焦点をあてて、振り返りをせよ。


足立区を日本一教育水準の高い区にすることを目指して。

カテゴリー: 生徒に伝えたこと   パーマリンク